IDENTITY ISSUE
アイデンティティ特集
089
037
038
096
042
110
074
特集
  • 012―ConIFA World Football Cup
  • 020―「敵と味方」の差別を越えて
  • 024―ロボットサッカー
  • 030―すべての選手にプレーする機会を
  • 037―Boiler Room Ladies FC
  • 038―私と父をつないだサッカー
  • 041―難民のためのサッカー大会
  • 042―清永浩文 (SOPHNET.)
  • 048―孫民哲
  • 052―フットボールクラブにおけるアイデンティティとは
  • 062―ルールに従うとき、ルールを超えるとき
コラム
  • 006―Through the Mürren
  • 008―Stadium Spirits - 等々力陸上競技場のジン -
  • 010―デイヴィッド・ベッカム
  • 065―MATCHDAY - 川崎フロンターレ × 浦和レッズ -
  • 074―ポール・ポグバ
  • 084―バンコクでの週末の過ごし方
  • 089―La Galerie du Ballon
  • 096―日本サッカーの夜明け
  • 102―Football Journey - 甲斐友基 -
  • 106―P_LEAGUE - 東京の新たなサッカーリーグ -
  • 110―日本フットボールアーカイブ vol.2
コントリビュータ

CITY BOYS FC・Felicia Pennant・Flora Maclean・Gottingham・Nam Kunn・Pete Kiehart・Summer House・ドミニク チェン・三宅瑠人・三田村亮・実川元子・水野祐・江口宏志・菊池良助・野本哲平・阿部健・高杉桂馬

インフォメーション
  • 価格:1500円 (税抜)
  • サイズ:182×257mm (B5版)
  • ページ:112頁
  • 別冊:英訳冊子・付録 (ワッペン)付
  • 発行:SHUKYU
  • ISBN:978-4-9909249-0-4
英訳冊子
  • サイズ:148×210mm (A5版)
  • ページ:20頁
  • 製本:中綴じ
  • 翻訳:Kei Benger
FEATURE
  • 012―ConIFA World Football Cup
  • 020―Beyond the dichotomy of “Friends and Enemies”
  • 024―The Evolution of Robot Soccer
  • 030―Every Player Counts
  • 037―Boiler Room Ladies FC
  • 038―Daddy’s Girls
  • 041―The Liberté Cup
  • 042―Hirofumi Kiyonaga (SOPHNET.)
  • 048―Minchol Son
  • 052―The Corporate Identity of the Football Clubs in Germany
  • 062―Following the Rules, Surpassing the Rules
COLUMN
  • 006―Through the Mürren
  • 008―Stadium Spirits -Gin from Todoroki Athletics Stadium-
  • 010―David Beckham
  • 065―MATCHDAY -Kawasaki Frontale × Urawa Red Diamonds-
  • 074―Paul Pogba
  • 084―Weekend Football in Bangkok
  • 089―La Galerie du Ballon
  • 096―Dawn of J-football
  • 102―Football Journey -Tomoki Kai-
  • 106―P_LEAGUE
  • 110―Japan Football Archive vol.2
CONTRIBUTORS

CITY BOYS FC・Dominick Chen・Felicia Pennant・Flora Maclean・Gottingham・Hiroshi Eguchi・Keima Takasugi・Motoko Jitsukawa・Nam Kunn・Pete Kiehart・Ryo Mitamura・Ryosuke Kikuchi・Ryuto Miyake・Summer House・Takeshi Abe・Tasuku Mizuno・Teppei Nomoto

INFORMATION
  • Price:¥1500
  • Size:182×257mm
  • Pages:112 Pages
  • Binding:Softcover
  • Language:Japanese / English*
  • Publisher:SHUKYU
  • ISBN:978-4-9909249-0-4
  • *with English Translation Booklet
    and Special Wappen
English Translation Booklet
  • Size:148×210mm (A5)
  • Pages:20 Pages
  • Binding:Saddle Stitch
  • Translation:Kei Benger
12月15日まで国内送料無料
1,500円(税別)
Editor's Note
世界はこれからどうなっていくのだろうか。イギリスのEU離脱問題、アメリカの大統領選挙など、2016年はエポックメイキングな出来事が起きた年だった、と数年後振り返った時に私たちは思うのでしょうか。特に例に挙げた2つの出来事は、自分たちがこれまで当たり前と信じていたものについて、改めて考えるきっかけになったのではないかと思います。

差別や対立といったアイデンティティに関する問題は、社会の縮図と例えられるスポーツ界においても実際に起きています。国という単位、性別や肌の色などで人間を分別することが果たして正解なのか。まずはそういった当たり前のことを疑ってみることも必要かも知れません。また、テクノロジーの進化によって私たちの生活はますます変化していくでしょう。その中で自分たちのアイデンティティはどう変わっていくのか。今号では「アイデンティティ」というテーマを切り口に考えていきたいと思います。 今回も素晴らしいコントリビュータの方々に参加していただいております。特に、今年の夏にフランスで開催されたEURO2016をきっかけに生まれた出会いが、今号の制作に大きく影響を与えています。そういった一つ一つの出会いから、新たなものが生まれると私たちは信じています。そして、この雑誌を通じてまた新たな出会いのきっかけが生まれると嬉しいです。

世界中でプレーされているサッカーには、様々な可能性が秘められています。その可能性を広げるには、まずは知ること、考えること、そして想像することが何よりも大事です。それはサッカーだけに限る話ではありません。これからの未来について一緒に考えていきましょう。

2016年12月
Editor's Note
What will our world be like in the future? From the UK’s withdrawal from the EU to the US Presidential election, when looking back in a few years time, would we consider 2016 to be a year marked by epoch making events? The two events mentioned above in particular, have perhaps served as opportunities for us to reconsider the norms and standards that we have held until now.

Issues related to identity such discrimination and conflict actually occur even in the world of sports, which in itself is often described as a microcosm of society. Is it indeed appropriate to distinguish human beings by units of nation, sex, and color of skin? It is perhaps necessary for us to first of all begin by questioning this conventional approach. In addition, the evolution of technology will inevitably bring about more and more changes to our lives, and one wonders how one’s identity will change amidst this context. This issue thus focuses on the theme of “Identity” as perspective for consideration.

We have again had the opportunity to work with some wonderful contributors. Our encounters with various individuals as a result of the EURO2016 held in France this summer have greatly influenced the production of this issue. We believe that each and every one of such encounters is that which gives birth to something new. We hope that this publication itself will serve as an opportunity for realizing new encounters.

Football as a sport that is played throughout the world, harbors various possibilities. In order to further expand its possibilities, it is first and foremost important to be able to learn, think, and imagine. This is of course something that is not only limited to football. Through this issue we look forward to thinking about the course of the future with our readers.

December 2016